☆始めに☆
このブログは螢肇漾璽Εーカーの運営する。
TW2『シルバーレイン』学園伝綺PBW(プレイ・バイ・ウェブ)
に参加しているキャラクターの紹介及び活動記録を目的としています。
非公式ブログであり、オフィシャルは勿論、他とも一切関係はありません。
またブログにリンク又は掲載している作品の著作権は、
株式会社トミーウォーカー、及び各クリエイターに帰属し。
作品の改造行為・無断転載を禁じます。
同様にブログ内の文章・画像の転載も禁じます。
☆偶にネタ的な落書きが入るかもしれません。苦手な方は避難して下さい。
☆お奨めな連絡方法→各キャラクターへの直接手紙が確実です。
☆リンク・アンリンクはご自由に。報告は任意。

☆管理者=K子(仮名)




<< ≪bizarre moon≫autumn holidayプレ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
粉砕せし魔獣仮プレ
仮プレー。 



 丁度紅葉シーズンだかんな。
けどインディよろしく岩狸が押し潰しにくるのかよ…
平成狸か!?ポンポコ!!?
やられる奴もまさかと思うよなー…(汗)


事前準備に
ペンライトと登山靴を持参
ライトは夕暮れ前に点け頭のバンダナで固定
待ち受ける間時間が在れば足場の状態を見ておく

大狸と小狸3匹に分かれる
戦闘開始と同時に霧影分身術奥義でガードアップ
俺は小狸A担当前衛
射程到達で水刃手裏剣奥義
そのまま接近し抑えこみ分断させる
「暫く俺に付き合えよ。」
連続で攻撃を受け続け無い様
他の狸と合流させない範囲で
攻撃タイミング・間合いには極力注意を

片したB→Cの順で小狸への加勢を優先
手裏剣奥義・通常攻撃を
間合いによって使い分け小狸の攻撃を阻害
大狸の抑えが危険である場合は標的を切替える
「おー、手早く片しちまおうぜ!」

大狸に向う際は他の奴と一列にならない様警戒しながら
射程到達と同時に手裏剣奥義
そのまま接近出来たら退魔呪言突き改
封術状態時は間合いを確保し
回復するまで邪魔になんねー様通常攻撃で加勢を継続
回復次第再度手裏剣奥義→接近・突き改

攻撃を察知すれば即防御体勢
すむとは思わねーけど弾かれる&無いよりはマシだろ
自他が体力半減以下だった場合は
近くの他者回復持ちに回復を要請する


登山の趣味もわざわざ紅葉見に来る程枯れてもねーけど。
ドライブに来るにはいいかもな。
ま、道がねーし麓までだろうが(笑)
いいんじゃね?登った奴だけの楽しみってのがあっても。

渚に纏わるエトセトラ(チハル手記) 03:23 comments(0)
スポンサーサイト
- 03:23 -
COMMENT